04-04.第四章その4 Feed

第4章 700万円台注文住宅の建築奮闘記その4

●16㎡の外壁

やっと、外壁のサンプルが到着しました。
クボタ製で16㎡の厚さがあり、触るとかなり分厚く、重いのです。
妻の父親が建築関係の仕事をしており、建売は12㎡ぐらいだと言っていました。
新しい物好きの私たちは、「新製品は改良されてよい物しか商品として出してないはず」と《新製品》と書かれてある外壁を選びました。
「う~ん。これがうちの壁か~」いい感じです。
「早く建たないかな」と、家族みんなで話しています。

安くても小さくても注文建築なので、ツートンは柄の付いたデザインにしました。建て売りでよく見られる下はデザイン調、上は無地のモルタル仕上げは絶対に嫌でした。

それにしても、外壁もそうですが、建て売りに付いていない装備が私の家にはかなり付くようです。
●700万円台住宅の豪華(?)装備 -打ち合わせするごとに良くなる仕様-●で、紹介。)この金額で本当に利益が出るのでしょうか?

特別うるさい客だから付けたのであれば、この奮闘記を停止しなければ。
しかし、本来は「FPの家」という高級・高性能住宅がメインの宮本建設です。
ローコスト住宅は、お情けで受注したのか、いつも不安(嬉しい)に思ってます。


●我が家のイメージ

外観のグラフィックができたと連絡があり、早速持ってきてもらいました。
「うん、なかなかいい感じです」
それに、御歳暮を持ってきてくれたんです。
これって、家を建ててもらう、うちがあげるものじゃないのかな。

でも、私が風呂に入っている間の出来事で、そう考えてる間に、伶生が包装紙をビリビリッと破ってしまいました。子供のことを考えてかスープの詰め合わせでした。これで、正月は子供にヒモジイ思いをさせずにすみます。


●工事の工程表ができました

やっと、待ちに待った工事の工程表ができてきました。
内装や外観のイメージは、私や妻や子供たちの中ではふくらんでいたのですが、やっと形になる時がやってきました。
役所の申請が混んでいて、ずっと許可が下りるのを待っていたそうです。
「土地のセットバックや前面道路2mだから……の関係もありまして……」
工程の中で基礎工事を10日間設定しているのは、大正解です。この時期、モルタルが固まりづらいですものね。
宮本建設さん、いい家建ててくださいね。
ほんと嬉しいです。早く住みたいです。でも、突貫工事は怖いですものね。


●基礎工事の根切り終了

土曜日の午前中で根切りは終了したそうです。
根切りというのは、基礎工事を行う部分を掘削してあらかじめ整地する作業のことをいいます。
そこで根切りの深さチェックをしました。ちょっと現場の残材を当てて確認してみました。杭もしっかり固まっているようで、地盤に関しての心配はなくなりました。かなり頑丈な気がしています。私が思ったより深く掘ってくれていました。基礎工事は家の命ですものね。

出水がないかどうか調べて、敷地の中に水が出ている所や溜まっている所がないか十分にチェックしました。
チェックしたところ、一箇所も発見されず、一安心です。


●建築士さんとの打ち合わせ

私と建築士さんはほぼ毎日、メールで打ち合わせをしています。
今までに打ち合わせしたことの不足点、疑問点をメール交換するのです。今回の根切りの件に関する建築士さんの回答と、それに対する私のコメントを載せておきます。

【建築士】
 「お世話さまです。
現場のことなど、サイトに掲載していただき感謝しております。こちらも、やりがいがあります」

【私】
 そのように言っていただけると大変嬉しく思います。仕事もプライドを持ってやっておられるとうかがえます。


【建築士】
 「掘削は本日、午前中で終りました。地盤はめったに見られないような、しっかりした地盤です。転圧も十分いたしました。
午前、栗石を入れ、ランマーで転圧後、目潰しに砕石を入れて地業は終わりです。地業だけは他の基礎屋さんに頼むと、正規にしないことが多いので直轄の手で施工してます。今週中には基礎はできあがる予定です。
栗石を入れる前に、神主さんから預かっている御札を建物の中心に納めておきますのでご安心下さい」

【私】
 地業を雇いの基礎屋に頼むと手抜き工事をされたとき、自分たちの責任問題になることを十分に理解していると思います。プライドもありますよね。また、地鎮祭の御札の事も忘れておらず、詳細な記載にも仕事ぶりが見えてきます。

【建築士】
 「現場には朝一番で行き、要所要所には行って写真など撮っています。夕方か夜にも行っております」

【私】
 私も仕事帰りにチェックに行っていますが、キチンと整理整頓されています。
これが、仕事をキチンと行う上での基本です。請負契約の時にも、朝と夕方に清掃して引き上げると言ってましたね。
写真は今度、拝見させてもらいます。


●基礎工事の栗石・砕石・転圧

私たち家族は現場のチェックをするために、マンションをはなれ、現場の近くの妻の実家にイソウロウすることにしました。これで毎日現場のチェックができます。

今日は朝早く起きて現場に行くことにしました。作業をやり始めるとトントン拍子に進んでいくのと、昨日、夜雨が降ったからです。今日は雨が上がってます。

会社に行く前に自転車を飛ばして現場へ。
「地盤はめったに見られないような、しっかりした地盤です」と展示場のハウスメーカーの営業が言ったとおり、硬い地質で特に緩んだりしてませんでした。転圧も十分利いてガチッとした印象です。栗石して転圧後、目潰しに砕石を入れてありました。

地盤がしっかりしていると、栗石・砕石の地業は省略してもいいらしいのですが、行ってくれました。用心に用心を重ねたようです。キチンとした「いい仕事」をしてくれています。

石も敷地にふんだんに入れて、実際、上物が建つ所とその周囲を綺麗に差別化して地業していました。
またまた満足して、電車に揺られて会社へ行きました。


●基礎工事の防湿ポリシート敷き・捨てコンクリートを打設

昨日は捨てコン(基礎底面を水平にするためにコンクリートを流すこと)までの作業だったようです。
雪が降りそうな天気が気になります……。
建築士さんの説明と私のコメントで内容を紹介させていただきます。

【建築士】
 「本日、割栗の上に目潰しの砕石を入れ、その上にt=0・15mmの防湿ポリシートを敷き、捨てコンクリート5cmを打設しました」

【私】
 確認しましたが、そのとおり実施されていました。防湿ポリシートか6cmのコンクリートなので、防湿作業は2重に行ったわけです。……5cmでもよいです。

【建築士】
 「明日、鉄筋を配筋し、土間の型枠を組みます。職人の手の都合で土間だけは木製の枠を使用させていただきますが、上部立上り基礎部分は鋼製の枠を使用いたします」

【私】
 すべてをある程度、使用した木枠で型枠を組むと思っていたので、多少びっくりしました。鉄枠は木枠にくらべ金額が高く、作業性からいうと大変です。綺麗には仕上がりますが。

【建築士】
 「ホールダウン金物は建物の角と両脇の柱に入れ最低12本は使います。構造は性能保証機構に則っております」

【私】
 嬉しい限りです。700万円台のローコスト住宅に部材・作業の省略をせずキチンと実施してくれています。でも、省略されると家はガタガタになりますものね。地震に強い家をつくってほしいと要望してましたので助かります。
安心して任せられます。